遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

相続手続き・ケンカの火種

なぜ相続手続きをスムーズに行うことが 大切なのか

被相続人が亡くなってなんとか相続財産の分け方も決まりました。
後は相続手続きをを終えるだけといったところで燻っていたケンカの火種が大炎上してしまうケースが多々あります。

相続手続きケンカの火種

  • 「相続財産を完全に平等に分ける事が不可能
  • 「亡くなった人との関係性の違い」
  • 「身近で遠い人同士なので遠慮も信用もない」
  • 「相続人や相続財産、法定相続分や遺留分などの相続の知識がない」

遺産分割において相続人全員が大満足のケースもないことはありませんが、そうでないケースも多いです、あなたのところはどうでしたか?
遺産分割協議の時点では、なんとか自分自身を抑えて分割案に納得した相続人がいたとしたらちょっとしたきっかけで相続手続きに手間取り、手続き自体に時間がかかったり何度も印鑑証明や戸籍類の郵送を要求したりするとこんな気持ちが生まれてしまうかもしれません。

火種「相続財産を完全に平等に分ける事が不可能」 再燃炎上

不動産を相続しない代わりにお金をもらう事で同意したけど冷静に考えたらこれって妥当な金額?損してない?

火種「亡くなった人との関係性の違い」 再燃炎上

あの時は納得したけど私達だってできる範囲で介護に協力してきたはず、もやもやするなぁ

火種「身近で遠い人同士なので遠慮も信用もない」 再燃炎上

あの人が提示してきた財産目録、正しかったのかな、先にお金を引き出したりしてたんじゃないかな

火種「相続人や相続財産、法定相続分や遺留分などの相続の知識がない」 再燃炎上

あいつが受け取った生命保険も分けるべき
遺留分を侵害されてるのに気が付いてなかった
えっあの子も相続人だったの
などなどです。

再び疑念や不満が炎上した相続人がとる行動は・・・・・・・・・・・

相続手続きに協力しない、押印拒否や書類提出拒否
協議のやり直しを要求など様々ですが、とても困った事態になることはいなめません。
相続手続きにおいては
事前準備=じっくり理論だてた遺産分割案の説明=火種を無くすこと
計画的な相続手続き計画でスムーズに相続手続きを行う=何度も押印や書類提出などの協力要請をしない
=再燃のきっかけも減らす事
がとても大切です。
それは遺言書がある場合も同じです。

Return Top