遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

不動産の相続方法4種類と必要書類

不動産の相続方法4種類

相続手続きにおいて、現金などの金融資産と違い、相続人同士で分けにくい財産が不動産です。
相続人全員で共有という形にもできますが、それですと権利が分散し相続が続いていくと相続人の相続人へと権利がどんどん分散していき複雑になりすぎいずれ売るにも貸すにも権利者が多すぎてどうにもならなくなります。。

不動産についての一般的な分割方法には以下のものがあります。

現物分割

実務上ではこの方法が一番多いように感じますがこれはシンプルに不動産を特定の相続人が相続するものです。
例 自宅不動産は妻が相続
心配点
遺留分や法定相続分の問題

換価分割

この方法は一旦不動産を売却しその売却金を相続人で分ける方法です。
例 不動産を2000万円で売却し母が1000万円、長男・長女が500万円ずつ受け取る。
心配点
不動産の売却がスムーズに行えるか

代償分割

この方法は不動産を特定の相続人が相続し他の相続人にはそれぞれの持ち分に応じた代償金を支払う方法です。
例 自宅を妻が相続し長男・長女に500万円ずつ支払う。
心配点
代償できるだけの現金があるかどうか

共有分割

この方法は名義のみを分割する方法です。
例 自宅不動産を母二分の一、長男・長女4分の一ずつ名義を入れる。
心配点
将来の権利の複雑化や相続問題の発生

不動産の相続手続きには以上の方法がありますがどの方法も一長一短ありますので、もし不動産の相続手続きや不動産の分け方でお悩みであれば一度当モールの無料相談をご利用ください。
法的観点からのアドバイスで遺産の分割をサポートします。

不動産の相続登記必要書類

不動産の相続手続き(相続登記)は、不動産の所在を管轄する法務局に対しておこないます。
相続登記に必要な書類は以下ののようなものになります。
• 遺言書がある場合
○遺言書(自筆証書遺言の場合は検認済み証明書)
○戸籍謄本(亡くなった方の)
○亡くなった方の住民票の除票
○財産を引き継ぐ人の戸籍謄本
○財産を引き継ぐ人の住民票
○引継ぐ不動産の固定資産税の評価証明書
○引継ぐ不動産の登記簿謄本
遺言書が無い場合
○戸籍謄本(亡くなった方の出生から死亡がつながるように)
○亡くなった方の住民票の除票
○相続人の戸籍謄本
○財産を引き継ぐ人の住民票の除票
○引継ぐ不動産の固定資産税の評価証明書
○引継ぐ不動産の登記簿謄本
○遺産分割協議協議書
○相続人全員の印鑑証明
定相続分による相続
○戸籍謄本(亡くなった方の出生から死亡がつながるように)
○亡くなった方の住民票の除票
○相続人全員の戸籍謄本
○相続人全員の住民票
○引継ぐ不動産の固定資産税の評価証明書
○引継ぐ不動産の登記簿謄本
○相続人全員の印鑑証明

以上の書類をそろえて法務局で手続きします。

Return Top