遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

シリーズ投稿 親世代はなぜ相続準備をしないのか

ブログイメージ画像なぜしない相続準備1
最近なにかと話題の「相続」ですが、この記事に興味をもっていただけたあなたは
親世代から財産を受け継ぐ立場つまり「相続人」として何か心配なことがあって財産を譲り渡す立場つまり「被相続人」であるお父様・お母様に相続の準備をしておいてほしいなぁと少なからず感じられているのだと思います。

そこでまず

「相続とはなにか」 ですが

簡単にいいますと
一人の人が亡くなった時その人が持っていた財産や負債などを権利のある人が引き継ぐ事
これが相続です。
少しだけ法律っぽい言い方をすると
被相続人の相続財産を相続人が引き継ぐ事
これが相続です。

相続は人の死亡により発生します。(民法882条)
死なない人が存在しない以上相続は全ての人に関係のある事柄です。

ですが、なかなか相続についてしっかり勉強して準備を行っている方は少ないように感じます。
特に下記のような状況を想像できる方は特に相続発生時にトラブルに繋がる恐れがあるため注意しておいたほうが良いでしょう。

「要注意」
○親が離婚したことのある場合
○親と同居している
○親の介護をしている
○配偶者の意見が強い
○兄弟姉妹が先に亡くなっている
○行方が分からない相続人がいる
○親が借金をしている

その他
・・・・・・・・・・・・・・・
実は、このほかにもトラブルの火種はたくさんあって、世界にまったく同じ人間が一人もいない以上、相続トラブルの火種は家庭によって様々です。つまるところ「プラスの財産しかない親の一人っ子」という事でなければ相続の準備はしておいてもらったほうが良いです。

このシリーズでは、相続を知り、相続のトラブルを知り、それを回避する準備手段を知り、親に気持ち良く相続準備を行ってもらい、その後も楽しく生活して相続準備をしておいてよかったと感じてもらう事をゴールとしています。

全7回の短い講座ではありますが、みなさまと一緒にゴールに向けて学んでいければと感じています。
それでは、次回もよろしくお願いいたします。

Return Top