遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

義理の親族と縁を切った場合、配偶者の遺骨の所有権は?

姻族関係終了届

義理の親族と縁を切った場合、配偶者の遺骨の所有権は?

みなさま、こんにちは遺産相続手続きの相続モールです。
今回は配偶者が死亡した場合における義理の親族との関係などについて書かせていただきます。

一般的に義理のお父さんや、義理のお母さん、義理のお姉さん・お兄さん、義理の弟、妹のように呼ばれている義理の親族ですが法律上は姻族といいます。
姻族=婚姻によってできた親戚で、民法725条には親族の範囲として6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族が「親族」とされています。

夫や妻、つまり配偶者が亡くなってしまった場合、婚姻関係はそこで終了になりますが、義理の両親や親族との姻族関係は何も手続きをしない場合そのまま継続していきます。
姻族関係を終了したい場合は姻族関係終了届という届を提出することにより終了させることができます。

姻族関係終了届は残された配偶者の方が、本籍地あるいは住んでいる地域の市区町村役場へ姻族関係終了の届け出を出す事により、義理の両親など姻族との姻族関係を終了することができます。
ちなみにこの姻族関係終了の届け出を提出するのに、義理の両親の同意などは必要ありません。
この届出をすることにより義理の両親や親族の扶養義務が無くなります。

さてこの場合亡くなった配偶者の遺骨などはどういう扱いになるのでしょうか?
そこで今回のテー「義理の親族と縁を切った場合、配偶者の遺骨の所有権は?」です。

事例

夫が亡くなったAさんですが、義理の親族との折り合いが悪くなってきていたため、姻族関係終了届を提出しました。
夫家の祭儀財産は弟のBさんが承継し夫の遺骨もBさんが管理するお墓に埋葬されていためAさんは、姻族関係の終了の伴い新しく墓を建てるので夫の遺骨を引き渡すようにBさんに要求したところBさんは嫌がった、遺骨の所有権がAさんにあるのか、という事例です。

この事例は判例によると次のような結論がだされています。
※実際の裁判ではAさんは所有権に基づく妨害差し止めの請求をし、Bさんは祭儀主催者である確認を求めて反訴していますが複雑なので割愛します。

裁判所の見解

夫の死亡後、配偶者が原始的に祭儀を承継することは婚姻夫婦やその子供をもって家族関係形式の一つの原初形態としている民法の法意及び我が国の習慣である。
亡き夫の遺骨が祭儀財産に属するのは当然でありその祭儀を主宰する生存配偶者に原始的に帰属する。
Aが姻族関係終了の意思表示をした後に夫家の墓から遺骨を引き取り改葬する事も格別これを不当視すべきいわれはない。

裁判所が出した見解としては上記の通りです。
ポイントは遺骨の所有権が生存配偶者であるAさんに原始的に帰属するとしている点ではないでしょうか。
原始的に帰属とは「承継」ではなく初めから所有権を取得しているという意味です。
ですので、祭儀財産を「承継」したBさんよりもまえにAさんが所有権を得ているという意味だと考えます。

Return Top