遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

親の遺言書に押印が無いので勝手に判を押してしまった

遺言と相続欠格

親が残した不完全な遺言書を完成させる行為は、相続欠格事由となるか

親の遺言書に押印が無い後押印さえあれば完璧なのに・・・

という訳で、みなさま、こんにちは相続手続きモールです。
今回のテーマは、「親が残した不完全な遺言書を完成させる行為が相続欠格事由になるか」です。

不完全な遺言というのは法的に有効となる要件を満たしていない自筆証書遺言である場合が考えられます。
例えば全文が自筆で書かれていない、日付がかかれていない、押印がない、署名が無いなどで自筆証書遺言としては完成していない状態です。

その不完全な遺言を相続人である子が、こっそり押印して完成させた場合、この行為は相続欠格となる事由にあたるか否かというテーマです。

まずは、用語の説明をしておきましょう。

相続欠格=簡単に言いますと相続人が悪いことをした場合相続人ではなくする制度です。
民法891条に規定されています。
次に掲げる者は、相続人となることができない。
一  故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
二  被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
三  詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
四  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
五  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

今回のテーマで言えば親の不完全な遺言書に手を加えて完成させる行為が五の偽造・変造となるかです。

この件については判例があり次のように規定されています。
具体的な事案の内容は少し複雑なので省きますが、裁判所の判断は以下の通りです。
民法891条の相続欠格の五、遺言書の偽造・変造による相続欠格は遺言に対して著しく不当な干渉行為をしたことによる民法上の制裁であり、相続人がその方式を具備させることにより有効な遺言書としての外形を作出する行為は偽造・変造にあたるが相続人が被相続人の意思を実現させるためにその法形式を備える趣旨で行った場合は相続欠格にはあたらない。

結論

判例では不完全な遺言を相続人である子が、こっそり押印して完成させた場合子が親の意思を実現させるためにその法形式を備える趣旨で行った場合は相続欠格事由にはならない。

Return Top