遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

相続に係わる司法書士の仕事・相続した財産の売却

相続と司法書士

相続した不動産の売買

相続手続きを扱っていると相続した不動産を活用する方法として、個人間での不動産取引(売買)時の手続きご依頼を頂くことがあります。

皆さん、一般の方どうしでの取引により、お互いどういう手続きや流れで行えばいいのか、とても不安とおっしゃいます。

その場合、以下のようにお手伝いさせていただいております。

1 お打合せにより、契約内容を一緒に確認し、不動産の売買契約書を作成いたします。

2 必要書類の準備をしていただきます(役所にて住民票・印鑑証明書・固定資産税評価証明書・権利証など)。
(固定資産税評価証明書または納税通知書に記載の評価額に基づき、印紙代・報酬等の費用が確定します。)

3 押印作業を行います。この時に、お金の清算・お渡しなども行い、司法書士による不動産取引の立会が完了します。

4 法務局へ登記申請を行い、完了後は権利証・完了謄本等をお渡しとなります。

不動産を誰に相続させると良いのかな

相続人の中に会社を経営している方がいる場合、その経営者様については、相続人として不動産を相続しないことをお勧めすることがあります。
他の相続人の方に不動産を相続してもらった方が良い場合があります。

それは、経営者が通常、会社の借り入れについて保証人になっていることが多く、 会社に何かが起これば、社長の個人資産までが押さえられることになるからです。

できるだけ経営者自身は自己名義の不動産を避け、親族名義・資産管理会社等として不動産を資産形成として保有していくことが賢明な場合があります。

相続に伴う不動産処分(売却または賃貸)

相続が始まると様々な手続きが必要となりますが、
そのひとつに不動産を売却または賃貸することもあります。

故人の所有物を誰も使用しない場合、 固定資産税のみが生じて、負担のみとなります。
そういう時には、その不動産を処分する(売却・賃貸)ことで
遺産を整理することになります。


手続きの流れは以下となります。

物件の相場を調査します
(成約事例等を提示)

売却公示:買い手を募集
(信頼できる協力業者さんや不動産流通システムの利用により募集)

購入申込書をいただき、売買契約へ
(買主さんが融資を受けるときは、その審査後なども)

決済(銀行等にて集まり、代金を頂き、不動産名義変更登記へ)

Return Top