遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

相続手続き以外の手続き・年金

相続と年金
人が死亡してしまった場合に発生する手続きは、相続手続き以外にもたくさんあります。

今回は国民年金に加入しているものが、亡くなってしまった場合の手続きについてです。

国民年金の加入者というと自営業者の方などが加入者になっていると思います。

ポイントとしては、国民年金の加入者が死亡し子のある妻または子どもが残された場合に支給される遺族年金。

国民年金に第一号被保険者として25年以上保険料を納付した夫が年金の支給を受けず死亡したときに支給される寡婦年金。

第一号被保険者として保険料を36か月以上納付し、年金の支給を受けず亡くなった場合の死亡一時金などです。

この中で遺族年金について詳しく見ていくと、遺族年金の支給要件は

○被保険者が死亡したとき

○被保険者であった人で60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいる人が死亡したとき

○老齢基礎年金の受給者が死亡したとき

○老齢基礎年金の受給資格を満たしている人が死亡したとき

上記すべてを満たす必要があります。

「遺族」という言葉の指す範囲は

死亡者によって生計を維持されていた18歳到達年度の末日までの子(障がいのある子は20歳未満)のある妻、または18歳到達年度の末日までの子(障がいのある子は20歳未満)本人で、結婚していない場合です。

寡婦年金についての支給要件は

○死亡した夫が国民年金第一号被保険者ちすて、保険料納付期間または保険料の免除期間がごうけいして25年以上ある事。

○死亡した夫が年金の支給を受けていない

○夫の死亡当時妻が夫により生計を維持されていたこと

○婚姻関係が10年以上続いていること

○妻が65歳未満

これらのすべてを満たす必要があります。

死亡一時金に関しては

国民年金の第一号被保険者として保険料を36か月以上納付し年金の支給を受けずに亡くなった場合、生計を同じくしていた遺族に支給されます。

遺族の順位としては、配偶者・子。父母・孫・祖父母・兄弟姉妹の順です。

遺族年金を受け取れる場合は支給されません。

寡婦年金と死亡一時金の選択はどちらか選択して受け取ることになります。

社会保険に関しては法改正の多い分野ですので、一度年金機構のWEBサイトもチェックしてみることをお勧めします

Return Top