遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

遺言制度の特徴

遺言制度の特徴
遺言は民法に規定されている制度で、人が自分が死亡した場合に自己の財産関係や身分関係について最終意思を伝えるための制度です。

近頃は、テレビ番組でも相続を扱うことが多くなってきていますので比較的ご存知の方も多くなってきている制度です。特に利用されているのは自筆証書遺言と公正証書遺言でしょうか、このあたりはま別の記事でお話しできればと思います。
法律行為としての遺言
遺言も法律行為のひとつだと思います。

しかし契約など他の法律行為と違ってこんな特徴があるといわれています。
①遺言には相手方がいない
民法にのっとり遺言を成立させた場合は、ほかに誰の同意や承諾も必要としません。

契約は相手方もその契約に同意・承諾している場合には成立しますが、片っぽだけでは成立しません。

ただし遺言もあとからその効果が及ぶものの反対)によって効果が生まれないことはあります(例えば遺贈の放棄など)
②遺言は遺言者が死亡したのちに効果が発生する
遺言を使用するときには遺言者は死亡していますので、生前にしっかり準備をしておく必要があります。
③遺言は要式行為である
遺言は必ず民法に定められている様式の通りに作成しなければ無効になってしまいます。これは遺言者の真意を確保し、偽造・変造の危険を申しするための措置です。
④遺言に同意や代理は認められていない
例えば離婚協議書を公正証書へ作成する場合は公証役場へ代理人が赴くことも可能ですが遺言はそれがdきません。これは遺言が人の最終意思を尊重するものであるから代理にはなじまないされているからです。
⑤遺言は法定されている事項にしか効力がない
遺言に何を書くかは自由ですが、法的効力が認められているのは、民法に定められた限りある事項のみです。
⑥遺言は生前いいつでも撤回や修正ができる
これは単独行為である点と自由な最終意思の表示を確保する必要があるためです。

Return Top