遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

相続手続きご相談事例 ポイント解説ー①

相続手続き 相談事例
みなさま、こんにちは遺産相続手続きの相続モールです。
本日は、実際に相続モールへご相談にお越しいただいてお聞きした事例を要素だけお伝えしたいと思います。
要素は事実ですが事例はフィクションです。
それでは見ていきましょう。

事例
一月前に叔父が無くなり相続が発生した。
叔父の配偶者はすでに死亡しており、子共もいない。
相続人は兄弟姉妹になると思うが、すでに亡くなっている者もいて、誰が相続人かいまいち分からない。
また叔父は会社を経営していたので借金もある。
相続財産は自社株・預金・借金
どのようにすればいいか?

文字にするとこのような相続事例ですが、この120文字くらいの事例の中でもポイントや注意点がたくさんあります。

ポイントと注意点
①相続人が誰か、兄弟姉妹の代襲相続はどこまで代襲するか
②借金が会社名義のものか被相続人の名義か、連帯保証や保証をしているか
③会社の株式の価格は、未上場株式評価
④相続放棄について
⑤会社を誰かが継ぐのか・精算するのか

その他

この様に、確認するべきポイントや注意点はたくさんあります。
これらすべてをネット検索しまとめるのはなかなか大変です。
またネット検索以前にポイントや注意点を把握できるかどうかが満足いく相続手続きができるかどうかのハードルとなります。

①相続人が誰か、兄弟姉妹の代襲相続はどこまで代襲するか
相談を受けた時点で、戸籍等を調査したわけではないので正しくは不明ですがお話を聞いた限りでは相続人は兄弟姉妹、一部は代襲が発生し甥姪でした。兄弟姉妹に関する代襲相続は甥姪までしかありません。

代襲相続=民法887条2項
被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。
民法889条
次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
一  被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
二  被相続人の兄弟姉妹
第887条第2項の規定は、前項第二号の場合について準用する。

887条の第3項にが再代襲についての規定がありますが889条に規定されているように兄弟姉妹について準用されているのは2項の規定のみですので甥姪より下に再代襲はしません。

次回以降他のポイントも解説していきます。
お読みいただいてありがとうございます。

Return Top