遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

生前贈与の基礎知識 第16回 続・生前贈与の注意点

生前贈与の注意点2
Q.前回の、生前贈与の注意点はどういうことがあるのでしょうか?の続き

A.生前贈与の注意点としては、どういう観点から生前贈与すればいいか?です。
人間思っているだけで、なかなか行動に移せません。
そこで、
何を、だれが、いくつ、だれに、いくらで、どこで、だれのために、
いつからいつまで、だれと、どのように、なぜ 
という観点から決めれば結構スムーズに行きます。
具体的に、定期預金200万円を父から長男に生前贈与するケースに当てはめて
いきます。

1. 何を        預金
2. だれが       父
3. いくつ       定期預金1口
4. だれに       長男に
5. いくらで      200万円
6. どこで       銀行で
7. だれのために    長男
8. いつからいつまで  12月までに
9. だれと       父と長男
10. どのように     振込み
11. なぜ        家族の幸せ

以上の11項目に当てはめていけば、行動できるようになります。
自分が死んだあとも子孫が繁栄し続けること、会社を経営しているとすればその会社が成長発展し続けることが理想的です。
そのためには、しっかりと早いうちから対策を立てていくことが必要です。
そのために、生前贈与の注意点をチェックし、それを検討する価値は充分あるのではないかと思います。

Return Top