遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

遺言があるかどうか分からない場合

公正証書遺言の検索
みなさま、こんにちは、遺産相続手続き代行のオールサポート相続モールです。
本日は、被相続人が遺言書を残しているかどうかわからない場合、どのような手続きがとれるかお話したいと思います。

遺言書について、代表的なものは自筆証書遺言・公正証書遺言ですがどちらも被相続人が作成した後、相続人が見る機会というのはなかなかないのではないでしょうか?

私たちのお客様の中には、作成した遺言について先に子供たちに見せて説明するという方も一定数はいましたが、これについては日頃の家族の関係性次第では奏功するどころか逆効果の場合もありました。
その話はまたいつかお話したいともいます。

話しを戻しまして被相続人が遺言を作成しても相続人には見せずにどこかにしまっておく場合が多いのではないかと思います。
自筆証書遺言の場合、しまってあるところを見つける事が出来なければ遺言書が無いという事で
遺産分割協議をして進めるという手段を取ることになると思います。

そこであとから遺言が出てきたらどうなるか?
こちらもまた別のお話で。

自筆証書は探す方法は家探しくらいなのですが、公正証書遺言、秘密証書遺言は探す事ができます。
公証役場の遺言検索制度を利用しましょう。

公証役場の遺言検索制度を使用するために必要な書類は基本的に以下の通りです。
(役場によって違いがありますので遺言検索制度を利用する際には、お問合せください)

一 被相続人の死亡の事実が確認できる戸籍等謄本(遺言者の生存時には相続人に公正証書遺言の検索は使用できないため)
二 被相続人と相続人の関係が分かる戸籍謄本
三 印鑑登録証明書
四 委任状(代理請求の場合)
五 身分証明書

これで、公正証書遺言の有無を検索してもらうことができます。
その結果はすぐに書面で発行されます。

公正証書遺言がある場合はどこの公証役場でどの公証人がいつ作成したかが分かります。

それを確認しその公証役場へ行き必要書類を準備すれば、遺言書の交付を受けることができます。

遺言書の検索はどこの公証役場に対しても行う事が可能ですが、遺言書の交付を受けることができるのは
その遺言書を保管している公証役場です。

遺産相続手続きを行う際に遺言書の有無は非常に重要な事項です。
本制度の利用についてもご検討ください。

Return Top