遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

生前贈与基礎知識第26回 土地の名義変更と贈与税

土地の名義変更と相続税

第26回
Q.土地の名義を子どもに変更をしてしまったのですが、この場合、贈与税はかかるのでしょうか?
 
A.名義変更は贈与税の対象となります。
親が、将来、相続が発生した時のことを考え、たとえば、土地の名義を、
子どもの名義に変える人がいます。
このような場合、売買したわけではないのに名義変更をすると、原則贈与が
あったものとして子どもに贈与税がかかります。
 うっかり名義変更をして、贈与税がかかることを知って、
「贈与するつもりはなかった」と言っても、それはなかなかとおりません。
しかし、一定の条件を満たせば、贈与税を課税しないように取り扱われています。
たとえば、単に名義を借りている場合は、
名義人となった者がその財産を利用しておらず、
名義の変更があっても、所有者が変わっていないこと
を確認できる念書や覚書があれば、贈与税はかかりません。

つまり、
名義人とされた者がそのことを知らなかった場合
軽率に名義変更をしてしまった場合
名義人となった者がその財産を利用しておらず、
税務署の決定を受ける前に名義を元に戻せば、
贈与税はかかりません。
 十二分に考えて、うかつに名義変更しないことが重要です。

以上のように、うっかり名義変更してしまった場合には、できるだけ早く名義を元に戻す手続きをとりましょう。
余分な贈与税をとられないよう、十分注意してください。

Return Top