遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

未登記の不動産と相続登記

未登記 遺産相続手続き
みなさま、こんにちは遺産相続手続き代行のオールサポート相続モールです。
本日は未登記の不動産の相続登記等についてお話したいと思います。

未登記の不動産として良くみられるのがリフォームなどで増築した建物の増築部分や、物置などです。
また私道なども良くみられます。

これらは固定資産税の課税明細書に記載されているので確認することができます。
この固定資産税の課税明細書は毎年各市町村から送付されますのでその書類が残っていれば確認することができますし、紛失してしまっていても市町村役場で請求すると取得する事ができます。

ただし、注意点がありまして土地で30万円未満・建物で20万円未満の物件については固定資産税が課税されないためこの固定資産税の課税明細書では確認することができません。

土地で30万円未満、建物で20万円未満の物件を所有している場合または固定資産税の課税明細書がそもそも送られてこない場合は被相続人が所有していた不動産の相続手続きに漏れを発生させないためにも、名寄帳などを取得して確認してみましょう。

そして確認できた不動産の遺産相続の手続きですが登記されているものは、相続登記を行えば相続登記の情報が各市町村へ伝達され相続手続きが完了となります。

未登記の家屋については、各市町村所定の書類に一定の書類を添付して申出ることで相続手続きが完了します。

一定の書類とは相続人と被相続人の関係性が分かる戸籍謄本のコピー、相続人の印鑑証明書、遺産分割協議書または遺言書のコピーなどとなります。

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

Return Top