遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

他人に無断で譲渡された相続財産を取り戻したい

ブログ写真 相続財産の無断譲渡
みなさま、こんにちは、遺産相続手続き代行のオールサポート相続モールです。
今回のテーマは、他人に無断で譲渡された祖王族財産を取り戻したいときのお話です。
どんなお話しか事例でみてみましょう。

遺産相続手続き事例

共同相続人は長男と長女の2名、遺産分割がまだ完了していません。
しかし、長男は長女に無断で未分割の相続財産である土地に共有の相続登記を行い、他人に長男の持分を譲渡してしまいました。
長女は、他人に譲渡された土地の持分を取り戻すことができるのでしょうか。

解決のポイント

①他人に譲渡された持分を取り戻す法的根拠はありませんが、長男の持分を取得した第三者に持分買取の申し出をしてみる
②共有物分割の調停申し立てをして、話合いをしてみる
③共有物分割請求の訴訟を起こして、その手続きの中において解決を図る

持分買取の申し出

長男のような共同相続人の一人が遺産分割協議の前に行った特定の相続財産の持分を第三者に譲渡する行為は法的には有効です。
長男から譲渡を受けたものが、再譲渡してくれるなら持分の取戻しは可能ですが法律上は長女に取戻権はありません。
そこで長女からこの第三者へ持分の買い取りを申し出て解決を図る方法が考えられます。
申し入れは口頭でも可能ですが、確実に行うために書面で、事情なども記載して行うと良いでしょう。

共有物分割の調停申し立て

兄から持分の譲渡を受けた第三者に対して、長女から共有物分割の調停を申したてる方法です。
相続財産である不動産は長女と第三者の共有状態にあるので民事調停法に基づき管轄は簡易裁判所となります。
調停は話し合いの場なので前述の持分の買い取りなども含めて柔軟な姿勢で臨むと良いでしょう。

共有物分割請求の訴訟

長女から兄から持分の譲渡を受けた第三者に対して訴訟を起こす方法です。
原告が相続人である持分共有者、被告が共有持分の取得者となります。

共有物分割訴訟においては、現物分割を原則としていますが、それが不可能な場合又は分割により著しく価格を損する恐れがあるときは共有物の競売を命じてその売得金を持分に応じて分割するべきで、価格弁償による分割方法は許されないと解されています。(大阪高判S61/8/7)

まとめ

相続人から持分の譲渡を受けた第三者から持分を取り戻す。取戻権は共同相続人にはありません。
ですので、上記は相続分の取戻しではなく第三者との共有状態を解消するための手段となります。

Return Top