遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 オールサポート相続モール

遺産相続手続き代行 近畿圏を中心に全国対応

0120-582-290

電話受付時間 : 平日10:00〜18:00 休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

遺言書作成サポートプラン

遺言書を作るという事は目的ではなく手段です。
例えばあなたが自分の死後、相続人に手続きで苦労してほしくないと考える場合、争ってほしくないと考える場合
特に心配な子がいる場合、など遺言書で対策出来る問題はたくさんあります。
本プランはあなたの想いを相続人に伝えるサービスです。

特に遺言をご用意いただきたい方

  • 相続財産の分け方を決めている方
  • 相続人の中に認知症を患っている方がいる方
  • 生活態度が心配な子供がいる方
  • 離婚経験があり子どもと離れて暮らしている方
  • 個人事業や法人の経営者の方
  • 借金がある方

遺言書作成サポートプラン報酬額表

公正証書遺言 作成 費用

サービスご提供の流れ

  • 1お問合せ
  • 2ご相談
  • 3お見積り作成
  • 4ご契約・サービスのご提供
まずは、お電話0120-582-290またはフォームよりお問合せください。231073
初めてご連絡いただくときは緊張されるかもしれませんがしっかり対応しますのでどうぞご安心くださいませ。
出張またはご来所いただく形で、ご相談日を設定いたします。souzoku_ura151014
相談料・出張料は無料です。
制限時間もありません。
お見積りを作成いたします。252455
各項目についてご説明いたします。
ご不明点はご質問いただけると嬉しいです。
契約書・委任状などに署名押印していただきます。ダウンロード
各条項についてご説明いたしますのでご不明点はご質問くださいませ。
着手金をお振込みいただき、サービスの提供をスタートします。

基本サービスのご紹介

必要書類の収集

公正証書の遺言を作成するために収集する必要のある基本書類は以下のものになります。

  • 遺言者本人の印鑑証明書
  • 遺言者と相続人との続柄がわかる戸籍謄本
  • 財産を相続人以外の人に遺贈する場合には、その人の住民票
  • 遺産に不動産が含まれる場合には、登記簿謄本及び固定資産の評価証明

これらを委任状や職務上請求書などを用いて収集していきます。

 相続関係図の作成

収集した資料を読み解き、相続人を確定し、相続関係図を作成します。
作成した関係図は、しっかりご説明いたします、また業務完了後はお渡しいたしますので遺言書と共に保管していただくと遺言を使用する際に相続人の助けになります。

公証役場の手配・折衝

公証役場との遺言原案についての打合せ、調印日程の予約などを行います。
遺言者様は調印当日一度だけ公証役場へお越しいただくだけで公正証書遺言が完成いたします。
調印日に公証役場までの無料送迎も可能です。

遺言原案の作成

遺言書の原案を作成いたします。
原案は遺言者と打合せを重ねその意向に沿った内容で作成いたします。
打合わせは何度でも無料で行います、法務的なアドバイスもご提供いたします。

証人の派遣

公正証書遺言を作成するには証人が2名必要です。
遺言者へ相続人のお知り合いの方に証人になってもらう事も可能ですが遺言の内容が知られてしまいますのであまりお勧めいたしません。
また未成年や推定相続人、受遺者など利害関係人も証人にはなれません。
公証役場で紹介してもらう場合は、一名に付き6000円~8000円の費用が必要です、当モールでは基本サービスとして守秘義務のある専門家の証人を2名派遣いたします。

遺言書の保管

公正証書遺言を作成すると、原本・正本・謄本が出来上がります。
内容はすべて同じです。
原本は攻守役場で保管されますが、正本・謄本はお持ち帰りいただけます。
当モールでの保管をご希望の場合は当モールが契約している金融機関の貸金庫にて大切保管いたします。

その他の実費

書類収集に必要な実費例

住民票取得            一通 300円
戸籍謄本取得           一通 450円
除籍謄本取得           一通 750円
改製原戸籍謄本取得        一通 750円

固定資産税評価証明書取得 土地1筆あたり200円
家屋1棟あたり200円

通信費(レターパック)   360円または510円

公証役場手数料

公正証書を作成するには公証役場へ手数料を支払う必要があります。
公証役場へ支払う手数料は公証手数料令という政令に定めらえています。
下記の表を参考に遺言原案の1つの法律行為に付きその対象となる財産価格がいくらかで計算いたします。
公証役場 手数料

計算例
公正証書遺言の内容が土地・建物の価値が3000万円の家を妻に、預貯金500万円は長男にその他の預貯金300万円は長女にという内容の場合。法律行為
①妻に家を相続させる(財産価格3000万円)=手数料29000円
②長男に預貯金を相続させる(財産価格500万円)=手数料11000円
③長女に預貯金を相続させる(財産価格300万円)=手数料11000円
合計51000円+遺言加算11000円

オプションサービス

遺言執行者 報酬

QandA

1 私が遺言を残すなら自筆証書・公正証書・秘密証書?
2 比較 自筆証書遺言と公正証書遺言
3 比較・遺言を使う時にかかる費用

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

Return Top